メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

火災

静岡・富士の化学工場で爆発 1人死亡、11人負傷

延焼が続いている化学工場=静岡県富士市で1日午前10時31分、本社ヘリから

 1日午前8時25分ごろ、静岡県富士市厚原の「荒川化学工業富士工場」で、爆発事故があったと110番があった。富士市消防本部などによると、男性作業員(64)が死亡。工場内にいた20~60代の男性11人も負傷し、うち3人は重傷という。

 荒川化学工業(本社・大阪市中央区)や県警によると、同社は天然樹脂ロジン(松ヤニ)などを原料に、製紙用薬品などを製造。爆発があったのは「生産棟」と呼ばれる4階建て建物とみられる。建物内には印刷インキ用樹脂のプラントがあり、引火性のある有機溶剤などを使用することもあるという。

 富士工場はJR身延線入山瀬駅から南東へ約500メートルの、工場や住宅が建ち並ぶ一角にあり、市消防本部は一時、現場の周囲約100メートルの22世帯に付近の小中学校などへの避難指示を出した。JR東海によると、事故の影響で身延線は富士-西富士宮間で運転を見合わせた。

「地鳴りのよう」

 現場近くにある作業用品店「ワークマン富士厚原店」の高野淳一店長(49)は「店内にいた時、地鳴りのような爆発音が聞こえた。車が店に突っ込んだかと思って外に出たら、ものすごい黒煙が上がり、何度か爆発音が聞こえ火も見えた。救急車もたくさん来て、けがをした人がいるようで心配だ」と話していた。【早川夏穂、大谷和佳子、松岡大地】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 民進 解党検討 大塚代表、12日に提案へ
  2. 名古屋 高層ビル群に虹のアーチ 
  3. 北朝鮮 金正恩氏、暗殺恐れ専用車乗らず レクサス搭乗か
  4. ストーリー 野党第1党、枝野氏の戦い(その1) 目指した議席は「20」
  5. 北朝鮮船 船員逮捕 激しい抵抗、緊迫の港 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]