皇室会議

宮内庁、手続き前進に安堵感

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
皇室会議に臨む出席者=宮内庁特別会議室で2017年12月1日午前9時44分(代表撮影)
皇室会議に臨む出席者=宮内庁特別会議室で2017年12月1日午前9時44分(代表撮影)

 天皇陛下の退位日決定の前提となる皇室会議が1日、宮内庁3階の特別会議室で開かれ、2019年4月30日の退位が固まった。昨年8月に陛下のビデオメッセージが公表されてから1年4カ月。三権の長や皇族が出席し、約25年ぶりに開かれた皇室会議は退位に向けての大きな節目となった。

 宮内庁には、皇室会議の開催で退位に向けた手続きが大きく前進することに安堵(あんど)感が広がる。約200年ぶりの退位による皇位継承の準備に緊張感も高まる。同庁幹部は「皇位継承は国の…

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文563文字)

あわせて読みたい

注目の特集