メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

通常国会

1月19日か22日召集で調整

国会議事堂=東京都千代田区で、川田雅浩撮影

 政府・与党は来年の通常国会を1月19日か22日に召集する調整に入った。公明党の大口善徳国対委員長が30日の党中央幹事会で報告した。今年度補正予算案と来年度当初予算案を同時に提出し、安倍晋三首相の施政方針演説を含む「政府4演説」を召集日に実施する方針という。ただ、安倍首相の外交日程に応じてずれ込む可能性もある。

     通常国会では、高収入の一部専門職を労働時間規制から外す「高度プロフェッショナル制度(高プロ)」の導入や残業時間の上限規制などを柱とする「働き方改革関連法案」や、カジノを解禁する「統合型リゾート(IR)実施法案」など、先の衆院解散・総選挙で先送りになった重要法案が審議される。

     また、与党は、来年2月22日に期限切れとなる東日本大震災の被災企業の二重ローン対策を約3年間延長する法案について、今特別国会での成立を断念し、通常国会に先送りする方針を決めた。【村尾哲】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
    2. ホワイトハウス 米朝首脳会談中止 トランプ大統領が発表
    3. 京都中央信用金庫 係長が9300万円着服 預金無断解約
    4. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
    5. ほうじ茶 いれたて味わって 埼玉・熊谷に専門店オープン

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]