ワークルール教育法案

超党派議員がまとめる 来年提出へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 超党派の国会議員が30日、労働法規やその活用法に関する教育を進めるための議員立法「ワークルール教育推進法案」をまとめた。各党から意見を募った上で、来年の通常国会に提出する予定。若者を使いつぶす「ブラック企業」が社会問題化する中、国民に労働に関するルールを理解してもらい働く人を守ることを目指す。

 法案をまとめたのは非正規雇用対策議員連盟(会長・尾辻秀久元参院副議長)。ワークルールを知ることが労働トラブルから身を守…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文522文字)

あわせて読みたい

注目の特集