メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドーピング

女子棒高跳びイシンバエワさん 国ぐるみ否定

エレーナ・イシンバエワさん=ロシア・ボルゴグラードで2017年11月29日、丹下友紀子撮影

 陸上女子棒高跳びの世界記録保持者で2004年アテネ五輪、08年北京五輪金メダリストのエレーナ・イシンバエワさん(35)=ロシア=が11月29日、毎日新聞のインタビューに応じた。世界反ドーピング機関(WADA)により国ぐるみのドーピング違反が認定されたロシアに対しては、5日からスイスで行われる国際オリンピック委員会(IOC)の理事会で平昌冬季五輪(来年2月)への参加可否について判断が下る。イシンバエワさんは改めて国ぐるみの違反を否定し「ロシアの旗の下で、ドーピングに関係のない選手が出場することを信じている」と語った。【ボルゴグラード(ロシア)で丹下友紀子】

 --昨年のリオデジャネイロ五輪ではロシア選手の出場可否の判断が各国際競技団体に委ねられ、国際陸上競…

この記事は有料記事です。

残り1021文字(全文1352文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48加藤美南、不適切な投稿を謝罪「しっかりと反省」 研究生に降格処分も発表
  2. 元NGT山口さん放送に「チャンネル変えて」 投稿の加藤美南さん降格、全メンバーSNS停止
  3. 不適切動画 すき家店員「くびかくご」店内で氷投げ
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. 滋賀県が個人住所特定できる資料誤公表、ヤフコメで発覚

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです