メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

LGBT

農業で雇用 水戸の当事者社長「自分らしく働く場を」 笠間で米や野菜を栽培 /茨城

 性的少数者(LGBTなど)が自分らしく働ける場所を作ろうと、当事者が農業に取り組んでいる。LGBTへの理解は進みつつあるが、雇用環境が整っているとはいえず、担い手不足の農業で性的少数者の雇用を作り出すのが目標だ。【篠崎真理子】

 性同一性障害の人の性別適合手術などをサポートする会社「ジーピットネットワークス」(東京都新宿区)の井上健斗社長(32)=水戸市在住=は、昨年から田畑約4ヘクタールを所有する笠間市の農家のもとで、稲や野菜を栽培している。収穫した米のうち約2トンを同社が買い取り、近くインターネットを通じて独自ブランドで販売する。

 井上さんは女性として生まれたが、手術などを経て、今は体も戸籍も男性だ。LGBTの当事者から「仕事に…

この記事は有料記事です。

残り404文字(全文724文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 秋田県民「正直驚いた」金足農快進撃のなぜ
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 夏の高校野球 大阪桐蔭、2度目の春夏連覇 史上初
  4. 夏の高校野球 個の力に頼らない強さ 大阪桐蔭
  5. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです