メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プレゼント

 ■嘘八百

     1月5日より、全国順次公開。監督=武正晴、出演=中井貴一、佐々木蔵之介ほか。大阪・堺を舞台にいかさま古物商と落ちぶれた陶芸家が幻の利休の茶器で一獲千金を目指す開運エンターテインメント=写真▼試写会に15組30人を招待 12月17日14時、イイノホール(千代田区・霞ケ関駅)。はがきに郵便番号、住所、氏名、電話番号を明記の上、〒104-0045中央区築地2の14の1の3F「アニープラネット毎日新聞係」。8日消印有効。03・3549・1266

    プレゼント

     ■5パーセントの奇跡

     嘘から始まる素敵な人生 1月13日より全国順次公開。監督=マルク・ローテムント、出演=コスティア・ウルマンほか。95%の視力を失った青年は夢をかなえるため一世一代の「大芝居」を打った--実話を基にした感動作=写真▼試写会に25組50人を招待 1月4日19時、渋谷区文化総合センター大和田(渋谷区・渋谷駅)。はがきに郵便番号、住所、氏名、電話番号を明記の上、〒104-0061中央区銀座7の13の8第2丸高ビル6F「ポイント・セット毎日係」。03・3549・5789

     ■爆音上映 in パルテノン多摩

     12月15、16日(時間は日により異なる)、パルテノン多摩(多摩市・多摩センター駅)。多摩市文化振興財団主催。「デス・プルーフ in グラインドハウス」(クエンティン・タランティーノ監督)、「AKIRA」(大友克洋監督)の2作品を上映。音楽用のライブ音響システムを使用し、迫力のサウンドが楽しめる。前売り1300円、当日1500円。042・376・8181

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
    2. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念
    3. 地方選 自民支援候補が相次いで敗北、党内に警戒感
    4. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
    5. JR福知山線脱線 「今も足が震える」救助に走った会社員

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです