メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

年末特別警戒

各地で 刈谷署、高齢者に詐欺警戒チラシ/半田署、市役所で出発式/南署、ちょうちん40個設置 /愛知

特殊詐欺の手口について店員(左)から説明を聞きながら買い物をする客=刈谷市小垣江町で

移動店舗で防犯の輪 高齢者に詐欺警戒チラシ 刈谷署

 1日から「年末の安全なまちづくり県民運動」が始まり、各署が侵入盗や特殊詐欺の被害防止の啓発に工夫を凝らしている。運動は20日まで。

 刈谷署は、刈谷市などでスーパーマーケットを展開する「スーパーヤオスズ」が1日から同市内で始めた移動店舗に「安全なまちづくりアドバイザー」を委嘱した。

 同社によると、同市に移動スーパーができるのは初めて。依頼のあった家庭に週2回出向き、店頭の価格に10円上乗せして販売する。1日までに約120人から依頼があったという。利用した同市小垣江町の平野薫さん(80)は「足が痛いので、家の前まで来てくれてありがたい」と笑顔をみせた。

この記事は有料記事です。

残り936文字(全文1239文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「笑点」公開収録を当面中止 新型コロナ感染拡大影響で 日本テレビが発表

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 世界最高齢117歳・福岡の田中さんが聖火ランナーに 車いすで参加か

  4. 「死ぬ気がせん」116歳田中カ子さんにケーキ 敬老の日を前に 最高齢ギネス認定

  5. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです