メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

天台宗

年の瀬、街の風景 歳末の一斉托鉢 大津 /滋賀

天台宗の托鉢で募金を呼び掛ける僧侶と、キャラクターの「しょうぐうさん」=大津市坂本の京阪坂本駅前で、大原一城撮影

 師走に入った1日、天台宗の全国一斉托鉢があり、総本山・比叡山延暦寺のお膝元の大津市内でも僧侶らが募金箱を手に協力を呼びかけた。

 歳末に恒例として実施し、慈善団体への寄付などに充てる。昨年は全国で約838万円が集まった。

 延暦寺にゆかりが深い同市坂本一帯では朝から僧侶が列をなして民家を巡った。京阪坂…

この記事は有料記事です。

残り93文字(全文243文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです