メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

未来を見る『め』

キャンパる かんさい+ 学生記者2人、自分見つめる旅 カンボジア悲劇、二度と /大阪

ポル・ポト派虐殺の博物館へ

 キャリア教育やインターンシップの前倒しで、自由な時間が制約され窮屈になったと言われる学生生活。この秋、「キャンパる かんさい+(ブラス)」の学生記者が自らを見つめ、真実を追究する旅に出た。龍谷大の宮野雄志郎さん(4年)はカンボジアの1970年代後半の悲劇の舞台に向かい、関西学院大の丸川絢子さん(3年)は自身の食生活に疑問を抱いたのがきっかけで北海道の農家での就業体験に臨んだ。

 大学に入学後、「The Pink Room」というドキュメンタリー映画を観た。カンボジアの性産業が…

この記事は有料記事です。

残り1368文字(全文1621文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  2. 「2球で3アウト」無死走者なしで珍事 高校野球で 関係者は「初耳」
  3. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  4. 女子中学生を2年監禁 寺内被告に懲役12年 東京高裁判決
  5. 質問なるほドリ クールビズ、効果出てる? CO2を169万トン削減、体感温度も2度低く=回答・大場あい

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです