メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なくそう心の段差

身体障害者補助(盲導・介助・聴導)犬法15年 引退犬の介護・医療費を カレンダーで支援 /兵庫

NPO法人「日本サービスドッグ協会」と「引退補助犬を支援する会」が購入を呼びかけている「チャリティーカレンダー2018」の表紙=高尾具成撮影

NPO「一頭でも多く助けたい」

 NPO法人「日本サービスドッグ協会」(奈良県葛城市新村)内のボランティアグループ「引退補助犬を支援する会」が「チャリティーカレンダー2018」を制作した。収益は協会を通じて引退犬の介護・医療の費用に使われるため、支援購入を呼びかけている。【高尾具成】

 2002年に成立・施行された身体障害者補助犬法で盲導犬、介助犬、聴導犬が補助犬と位置づけられた。それから15年が過ぎ、使用者にとって「一心同体」の補助犬が役割を終えて引退した後、どう支えるかも課題の一つになっている。

 「引退犬」はボランティアの里親らに引き取られて暮らす。ただ、医療費や介護用品の支援が必要となり、引…

この記事は有料記事です。

残り465文字(全文765文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 本当に住みやすい街大賞で埼玉・川口が1位 都心アクセス良く、商業施設も充実

  2. 「注文から提供まで30秒以内」達成困難な目標で不当解雇 元社員がマクドナルド提訴

  3. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  4. ガンダムとシャア専用ザクを九谷焼の皿に 「ど真ん中世代」職人が描く 越前漆器のボトルも

  5. 薬で鼓膜再生、保険適用 大阪の病院、来月にも治療開始

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです