メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教える育む学び合う

子ども大学わかやま 16日・和歌山大で開講 高度な内容、分かりやすく /和歌山

 「親子で学ぶ子ども大学わかやま」が今月16日、和歌山大(和歌山市栄谷)で開講される。「子ども大学」は21世紀になってドイツで始まったユニークな取り組み。県内で初めて開かれるこの「大学」で、子どもたちは何を学ぶのだろうか。

 「子ども大学」は、知的好奇心が発達する年代とされる10歳前後の子どもを対象に、大学教授らが高いレベルの内容をやさしく教える場。日本では2008年に埼玉県川越市で開設された「子ども大学かわごえ」からスタート。群馬県や茨城県などにも広がり、小惑星探査機「はやぶさ」プロジェクトメンバーだった宇宙航空研究開発機構(JAXA)名誉教授の的川泰宣さんや、ジャーナリストの池上彰さんらが教壇に立っている。

 16日にある「子ども大学わかやま」では、和歌山大副学長で経済学部教授の足立基浩さんの「まちづくりっ…

この記事は有料記事です。

残り505文字(全文863文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 奈良・興福寺 ドイツ出身の僧侶が難行「竪義」合格 口頭試問の解答は全て漢文

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  4. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  5. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです