メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外相模原殺傷 被告に死刑求刑「障害者を殺りく、残忍で冷酷無比」
県小中学生選抜書展

856点が決勝大会に /高知

第10回県小中学生選抜書展予選審査会で、作品を批評する審査員ら=高知市中水道で、村瀬達男撮影

 第10回県小中学生選抜書展(実行委主催、毎日新聞高知支局など後援)の予選審査会が1日、高知市内であった。決勝大会に進む硬筆390点(出品1128点)、毛筆466点(同789点)の計856点が決まった。

 審査は、各流派の書家6人が3班に分かれ、「伸び伸びと書けているか」などの観点から精査し、決勝大会に向けて…

この記事は有料記事です。

残り231文字(全文385文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 終わらない氷河期~疲弊する現場で 「どれくらい子どもたちと話していないだろう」 51歳個人配送業男性のため息

  2. GDP年6.3%減 19年10~12月速報値、5四半期ぶりマイナス 消費増税響く

  3. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  4. 雪不足で営業できず 福井の老舗スキー場が破産

  5. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです