メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

益城町の被災中学生の学習支援まだ必要 放課後教室と夜間学習会運営のNPO「カタリバ」 /熊本

記憶風化で寄付減 ネットで資金1000万円目標

 熊本地震で被災した益城町の中学生たちの学習支援活動を続けているNPO法人「カタリバ」が、来年度も活動を続けるためインターネットで資金を募るクラウドファンディングに取り組んでいる。【福岡賢正】

 カタリバは昨年6月から益城町の二つの中学校と放課後教室を運営。同町のテクノ、木山両仮設団地の集会所で夜間学習会も開いている。放課後教室と夜間学習会には今も計212人の子供が通い、地元からは来年度も活動継続…

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文555文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 詐欺罪問われた男性に無罪 「調べが適切か検証の必要」 大津地裁判決

  4. クックパッドニュース SNSで大人気!調理にも保存にも大活躍の「アイラップ」を使ったレシピ

  5. ことば AYA世代

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです