メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震

益城町の被災中学生の学習支援まだ必要 放課後教室と夜間学習会運営のNPO「カタリバ」 /熊本

記憶風化で寄付減 ネットで資金1000万円目標

 熊本地震で被災した益城町の中学生たちの学習支援活動を続けているNPO法人「カタリバ」が、来年度も活動を続けるためインターネットで資金を募るクラウドファンディングに取り組んでいる。【福岡賢正】

 カタリバは昨年6月から益城町の二つの中学校と放課後教室を運営。同町のテクノ、木山両仮設団地の集会所で夜間学習会も開いている。放課後教室と夜間学習会には今も計212人の子供が通い、地元からは来年度も活動継続…

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文555文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

  2. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

  3. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  4. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

  5. トランプ氏再選なら安倍首相も4選を

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです