メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇室

退位19年4月30日 5月1日即位・改元 皇室会議が意見決定

皇室会議に臨む出席者=宮内庁特別会議室で1日(代表撮影)

 政府は1日、天皇陛下が退位される日程について安倍晋三首相が衆参両院議長や皇族から意見を聴く皇室会議を開いた。会議は陛下の退位を2019年4月30日とする意見を決定。これによって同年5月1日に皇太子さまが新天皇に即位され、同日から新元号になることが固まった。12月5日の閣議に報告し、退位日を決める政令を8日に閣議決定する。【野口武則、山田奈緒】

 皇室会議の議長を務めた首相は皇居で陛下に結果を報告した。その後、「政府としても速やかに施行日を定める政令を制定するとともに、陛下の退位、皇太子さまの即位が国民の祝福の中でつつがなく行われるよう全力を尽くす」と首相官邸で記者団に語った。

この記事は有料記事です。

残り1366文字(全文1657文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  2. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  3. 世界遺産の高野山参詣道に溝を掘った疑い 80代を書類送検 「1人で掘った」

  4. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  5. 欧州委、難民新制度提案「負担分担を」 欧州委員長「現在の制度、機能していない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです