メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月有人探査

技術で貢献 米計画 日本人飛行士明記せず

 内閣府の宇宙政策委員会は1日、2020年代後半に本格化する米国主導の月の有人探査計画に、日本が参加する方針を了承した。物資輸送や月面着陸技術などで探査に貢献することを目指すが、費用負担がネックとなり日本人宇宙飛行士を月面に送ることは明記されていない。

 米国は月の周回軌道に新しい宇宙ステーションを建設し、ここを拠点に月や火星に宇宙飛行士を送る「深宇宙探査ゲートウェイ」構想を打ち出している。構想にはロシアも参加する意向を示しているが、具体的な中身や協力体制は未定だ。

 人を運べるロケットを持たない日本は、国際宇宙ステーションに物資を運ぶ無人補給機「こうのとり」や月面…

この記事は有料記事です。

残り322文字(全文606文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  2. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  3. なるほドリ ICOCAを使える範囲が広がるんだって? /和歌山

  4. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  5. だんじり客に車突っ込み 酒気帯びで男逮捕 大阪・千早赤阪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです