メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時の在りか

象徴を去る日が決まって=伊藤智永

下は学習院高等科2年在学時、家庭教師のバイニング夫人から個人レッスンを受ける天皇陛下=コラージュ・深澤かんな

 結婚60周年をダイヤモンド婚と呼ぶそうだ。天皇、皇后両陛下は2019年4月10日に迎えられる。退位の日がそのすぐ後と決まったのは、政治の都合による偶然とはいえ、お二人の歩みを思えば喜ぶべきかもしれない。

 平成の象徴のあり方は、両陛下が一緒に作ってきた。象徴の座を去られる重みが、和やかな祝意にほぐされて、長く難しい務めを果たされたお二人への温かなねぎらいに包まれたらいい。

 お二人の結婚を決めた1958年11月の皇室会議は、岸信介首相が議長だった。発言がないのを確かめて、…

この記事は有料記事です。

残り1690文字(全文1927文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 明治神宮の倉庫全焼、放火容疑で男逮捕 「ライターで火つけた」容疑認める

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. ひき逃げの女に「逃げろ」 同乗の男、初公判に現れ御用 京都府警

  4. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  5. セブンペイ詐欺、指示役の中国人女逮捕 「微信でIDとパスワード送られてきた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです