メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロンビアは今

和平合意から1年/2 コカ栽培、難しい根絶

コカの葉を摘み取るブランカ・リベロスさん=コロンビア西部コリントで

 「パンパン、パンパン」。山中の谷間の集落で銃声がこだました。「政府軍と離脱メンバーの銃撃戦だったようだ」。コロンビア西部カウカ県コリントの農家、ブランカ・リベロスさん(44)が11月中旬の出来事を不安げに振り返った。離脱メンバーとは、政府との和平合意を受け入れず、今もゲリラ活動を続ける「コロンビア革命軍」(FARC)のかつての構成員を指す。

 FARCは長年、コカインの原料コカの流通を押さえ、活動の資金源としてきた。政府との和平合意に基づき、コリントなど支配下にあった地域のコカ栽培地を放棄。「権力の空白地」では今、支配を目指す離脱メンバーや他の麻薬組織と政府軍が入り乱れた戦闘が繰り広げられている。

この記事は有料記事です。

残り936文字(全文1238文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  3. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. 名古屋市、幼稚園も休みに 河村市長が方針 卒業式も中止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです