メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名作の現場

第33回永井荷風『ボク東綺譚』 案内人・島田雅彦(その1)

 永井荷風の代表作が、ある老作家と私娼(ししょう)との交情を描く『ボク東綺譚(ぼくとうきだん)』だ。舞台となった地を作家の島田雅彦さんが訪ね、老作家に重なる荷風の心中を想像した。

徘徊の中に思索と創造

 荷風晩年の声を谷崎との対談の録音から聞いてみた。谷崎は老人特有の濁りある声にべらんめえ口調だが、荷風は極めて滑舌がよく、都会の紳士然とした上品さがあり、理路整然とした語り口で、万年床のゴミ溜(た)め部屋に暮らし、ストリップの楽屋に入り浸っていた独居老人のイメージは軽く裏切られる。

 内務省勤務のエリートだった父のコネでアメリカ、フランスでの銀行勤務を経験した荷風だが、青年時代に耽…

この記事は有料記事です。

残り1009文字(全文1299文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  2. 巨人・坂本勇「主将になって4年間、プロ野球人生で一番苦しんだ」

  3. 松山大元教授を不起訴 当時の学生ら5人も 松山地検 

  4. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです