メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名作の現場

第33回永井荷風『ボク東綺譚』 案内人・島田雅彦(その1)

 永井荷風の代表作が、ある老作家と私娼(ししょう)との交情を描く『ボク東綺譚(ぼくとうきだん)』だ。舞台となった地を作家の島田雅彦さんが訪ね、老作家に重なる荷風の心中を想像した。

 荷風晩年の声を谷崎との対談の録音から聞いてみた。谷崎は老人特有の濁りある声にべらんめえ口調だが、荷風は極めて滑舌がよく、都会の紳士然とした上品さがあり、理路整然とした語り口で、万年床のゴミ溜(た)め部屋に暮らし、ストリップの楽屋に入り浸っていた独居老人のイメージは軽く裏切られる。

 内務省勤務のエリートだった父のコネでアメリカ、フランスでの銀行勤務を経験した荷風だが、青年時代に耽溺(たんでき)した戯作(げさく)の影響から文学を志し、念願のリヨン、パリ滞在でベル・エポックの風俗、音楽に触れたことによって、実業の道から外れ、洒脱(しゃだつ)な趣味人への道を極めることになった。ドレフュス事件におけるエミール・ゾラの毅然(きぜん)たる態度にも影響を受け、「反骨さもなくば低回」という…

この記事は有料記事です。

残り869文字(全文1299文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

  5. 時代の風 菅政権1カ月 民主主義の本質は議論=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです