メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名作の現場

第33回永井荷風『ボク東綺譚』 案内人・島田雅彦(その2止)

すっかり建て替わった住宅地で、町会会館の看板に「玉の井」の名称が残る=東京都墨田区で

 東京は局所的には大火で、全面的には関東大震災と空襲によって何度も焼け野原になった都市である。復興のたびにその景観を変えてきたので、昔の面影などは何処(どこ)にもなく、ただ折々の東京があるだけだ。『ボク東綺譚』は大震災から十二、三年ほどが経過した頃の玉の井が描かれるが、荷風が見た玉の井もまた束(つか)の間、そこに見られた光景だった。かつて隅田川の左岸の向島から堀切、綾瀬にかけては綾瀬川流域に広がる田園地帯で、百花園や白鬚祠(しらひげほこら)などの名所もある「古来名勝の地」だったが、震災復興事業の一環として橋の架け替えや道路の拡張が行われると、郊外に流入する人口が増え、新興の花町が出現した。荷風が見たのは震災の前後、浅草にあった銘酒屋が移転し、私娼窟になった玉の井だった。

 ごたごた建て連った商店の間の路地口には「ぬけられます」とか、「安全通路」とか、「京成バス近道」とか…

この記事は有料記事です。

残り1126文字(全文1515文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. アイヌ「先住民否定」日本会議が講演会 札幌市施設で開催へ 抗議相次ぐ

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです