メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー

18年W杯 組み合わせ決定 日本、試練のH組

 サッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会の1次リーグ組分け抽選会が1日(日本時間2日)開かれ、出場32チームの組み合わせが決まった。日本はポーランド、コロンビア、セネガルと同じH組に入り、まずは決勝トーナメント進出を目指す戦いに挑む。【大島祥平】

 10月の国際サッカー連盟(FIFA)ランキングによって四つのポット(抽選箱)に分けられ、各組に第1~第4ポットから1チームずつが入った。FIFAランク1位でW杯連覇を狙うドイツはメキシコ、スウェーデンと同じF組で激戦区に。同じく優勝候補でFWネイマール(パリ・サンジェルマン)を擁するブラジル(FIFAランク2位)はスイスなどと共にE組となった。

 昨年の欧州選手権覇者のポルトガルと10月時点のランクで第2ポットとなったスペインが同居するB組も激戦区だ。前回準優勝でエースFWのメッシ(バルセロナ)が引っ張るアルゼンチンはクロアチア、ナイジェリアと同じD組に入った。

この記事は有料記事です。

残り389文字(全文798文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉で新たに31人感染確認 新型コロナ

  2. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 自宅で腹から出血、24歳会社員女性死亡 殺人の疑い 兵庫・姫路

  5. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです