メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
綱の失墜

日馬富士暴行問題/下 白鵬、V重ね重し消え

 「土俵を支えてきた自負が、ああいう行動に出ちゃうのかなあ」。先月26日の九州場所千秋楽の優勝インタビューを万歳三唱で締めた白鵬を目の当たりにした親方は、あきれた。元横綱・日馬富士の暴行問題の一方で、最近は白鵬の「越権行為」が目に付く。

 白鵬は優勝インタビューで、加害者の日馬富士と被害者の貴ノ岩を「土俵に戻したい」とも発言していた。翌27日の横綱審議委員会で「大変な中でなぜ万歳。横綱としておかしい」と苦言を呈された。さらに28日の八角理事長(元横綱・北勝海)の講話の質疑で「力士代表の意見」として「貴乃花巡業部長に冬巡業には来てほしくない」と要望。30日の日本相撲協会理事会に呼び出され、「待った」を含めた場所中の言動に厳重注意を受けた。「横綱の品格を欠く」との烙印(らくいん)を押された格好だ。ある協会幹部は「強ければ何をしてもいいと勘違いしている」と憤る。

 いまだ破られない69連勝の記録を持ち、現役引退後も時津風理事長として協会を引っ張った双葉山を「理想…

この記事は有料記事です。

残り722文字(全文1154文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡「長浜の屋台」がピンチ 廃業相次ぎ「さみしか」 中洲や天神と明暗分かれ

  2. 「最古のポルシェ」売れず 18億円申し出あったが…米競売

  3. 大坂が世界1位守る 女子テニス・世界ランキング

  4. 滑落死 沼津の男性が北岳で /静岡

  5. ガソリン詰め替え「法的規制難しい」 京都市、身元確認の効果検証 京アニ放火

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです