メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米ロシアゲート

フリン氏、虚偽供述罪認め、捜査全面協力

 【ワシントン高本耕太】ロシアによる米大統領選介入とトランプ陣営との癒着疑惑「ロシアゲート」を捜査するモラー特別検察官は1日、フリン前大統領補佐官(国家安全保障問題担当)を虚偽供述罪で訴追したと発表。フリン氏は同日、ワシントンの連邦地裁に出廷し罪を認め、捜査に全面協力する司法取引に応じた。

 複数の米主要メディアは、トランプ大統領の娘婿で政権移行チーム幹部だったクシュナー大統領上級顧問が、フリン氏にロシア側との接触を指示したと報じており、捜査はさらに政権中枢に近づく可能性がある。

 地裁に提出された訴追資料によると、フリン氏は補佐官就任前の昨年12月にキスリャク駐米ロシア大使(当時)と複数回接触。オバマ政権(同)が科した対露制裁に対抗措置を取らぬよう要請したり、イスラエル入植非難の国連安全保障理事会決議の投票延期や反対を求めたりしていたが、この事実を隠し連邦捜査局(FBI)の聴取に虚偽の供述をした。

この記事は有料記事です。

残り359文字(全文762文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 吉永小百合さん「泳いで恒彦さんのところに…」 渡哲也さん死去

  2. 俳優の渡哲也さん死去 78歳 ドラマ「西部警察」 「くちなしの花」ヒット 石原プロ前社長

  3. 混乱続く国民「分党劇」 背景に代表と幹事長の合流巡る対立 地方は恨み節

  4. 1本20万円超の水を勝手に注文、支払い巡り女性を脅した容疑でホスト逮捕

  5. JRA栗東トレセンで厩舎3棟燃え、競走馬4頭死ぬ 3人病院搬送 滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです