メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チバニアン

早くも観光客急増 保護・管理のあり方課題

平日にもかかわらず文化センターのツアー客らでにぎわう千葉県市原の地磁気逆転地層前=2017年12月1日、信田真由美撮影

 地磁気が最後に逆転した痕跡を残す千葉県市原市田淵の地層が11月、国際学会で77万年前~12万6000年前(中期更新世)を代表する基準地に内定した。正式認定されればこの時代が「チバニアン」(ラテン語で千葉時代)と命名される見込みで、早くも地層の見物に訪れる観光客が急増している。市はシャトルバスの運行や仮設トイレの設置、警備員配置などの対応に追われる一方、今後の保護・管理のあり方に頭を悩ませている。【信田真由美】

 市ふるさと文化課によると、認定申請している岡田誠・茨城大学教授らの研究グループが記者会見して内定を…

この記事は有料記事です。

残り759文字(全文1016文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 毎日新聞世論調査 内閣支持率30% 不支持率49%
  2. 白根山 噴石警戒の範囲 湯釜火口1キロに拡大
  3. あおり運転 容疑で元勤務医逮捕 幅寄せでバイク男性重傷
  4. 神戸・中3自殺 「破棄」調査メモ、「学校内に存在」発表
  5. 拉致被害者 家族に安倍首相「米大統領が早期の帰国明言」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]