メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チバニアン

早くも観光客急増 保護・管理のあり方課題

平日にもかかわらず文化センターのツアー客らでにぎわう千葉県市原の地磁気逆転地層前=2017年12月1日、信田真由美撮影

 地磁気が最後に逆転した痕跡を残す千葉県市原市田淵の地層が11月、国際学会で77万年前~12万6000年前(中期更新世)を代表する基準地に内定した。正式認定されればこの時代が「チバニアン」(ラテン語で千葉時代)と命名される見込みで、早くも地層の見物に訪れる観光客が急増している。市はシャトルバスの運行や仮設トイレの設置、警備員配置などの対応に追われる一方、今後の保護・管理のあり方に頭を悩ませている。【信田真由美】

 市ふるさと文化課によると、認定申請している岡田誠・茨城大学教授らの研究グループが記者会見して内定を…

この記事は有料記事です。

残り759文字(全文1016文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富田林署逃走その夜、留置場の当番警官「スマホでアダルト番組も見てた」
  2. ペイペイ、「100億円あげちゃうキャンペーン」を13日で終了
  3. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  4. QRコード決済 ソフトバンク系ペイペイ、「奪首」へ100億円還元 競争激化
  5. ふたご座流星群、14日ピーク 夜半過ぎから好条件で観測

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです