メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

退位

日程、苦肉の策 官邸と宮内庁綱引き

退位の経緯と今後の想定される日程

 1日の皇室会議で、天皇陛下が退位される日が2019年4月30日に固まった。退位日は新元号が始まる改元と関わるため、国民生活への影響が大きい。年末や年度末という区切りの良い日も検討されながら実現しなかった背景には、年末をめざした首相官邸と、それに反発した宮内庁による綱引きがあった。【高橋克哉、高島博之、遠藤修平】

 菅義偉官房長官は皇室会議後の記者会見で、退位日を2019年4月30日とした理由について、年度末は転居が多く、与野党が対立する統一地方選が19年4月に予定されていると指摘した。年度末で区切りが良い19年3月31日の退位日を選択しなかった理由を説明することに力点を置いた。

この記事は有料記事です。

残り1726文字(全文2018文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  2. 平井デジタル担当相、個人情報保護ルール見直しに意欲

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 「菅内閣」発足 権限かさに脅す手法、早くも

  4. 新型コロナ 塩釜のすし店4人感染 従業員と客 利用者は連絡を /宮城

  5. イナズマロックフェス「来年は烏丸半島で」 トリは西川貴教さん 滋賀県庁で熱唱

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです