メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国交省と財務省

財投1.5兆円 高速網整備

財政投融資計画額の推移

18年度計画 財投の拡大に懸念も

 国土交通省と財務省は1日、資金を低金利で長期間貸し出す財政投融資による資金1.5兆円を使い、首都圏中央連絡自動車道(圏央道)など高速道路網の整備を進めると発表した。2018年度財政投融資計画に盛り込む方針。低金利を生かして道路建設の金利負担を抑えつつ物流の効率化などを図るのが狙いだが、財投の拡大には懸念もつきまとっている。

 財投は、信用力の高い国が債券を発行して市場から資金を調達し、大規模事業などに低金利で資金を供給する仕組み。高速道路の債務を管理する独立行政法人「日本高速道路保有・債務返済機構」に対し、金利1%程度で40年間貸し付ける方針。機構は自ら資金調達するよりも40年間で1兆円程度の金利負担が軽くなり、浮いた金利分を新たな高速道路の整備に充てることが可能となる。

この記事は有料記事です。

残り795文字(全文1151文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  2. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  3. 緊急事態宣言の非科学性

  4. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

  5. 京都市バスが感染対策の新車両導入 換気扇増設や運転手と客席の距離拡大

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです