メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドイツ

大連立協議 社民党の方針出ず 党首、首相と会談

 【ベルリン中西啓介】第4次政権の発足を目指すドイツのメルケル首相は11月30日夜(日本時間12月1日未明)、シュタインマイヤー独大統領の仲介で、国政第2党・社会民主党のシュルツ党首と会談し、大連立政権継続に向けた連立交渉を要請した。会談後に幹部と対応を協議したシュルツ氏は1日、記者会見で「あらゆる選択肢を排除しない」として方針を示さず、週明けに党幹部と再協議する考えを示した。

 ベルリンの大統領府で行われた30日の会談の詳細は公表されていない。独紙ビルト(電子版)は1日、「社…

この記事は有料記事です。

残り468文字(全文708文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「スリムクラブ」真栄田さんと内間さんを無期限謹慎処分 吉本興業、暴力団関係者パーティー出席で
  2. 暴力団関係のパーティー出席 スリムクラブ「認識、甘かった」コメント全文
  3. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  4. ブラジル大統領G20随行員 コカイン39キロ所持で拘束
  5. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです