メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロヒンギャ難民

バングラ、治安に懸念 無人島に10万人

ロヒンギャの難民キャンプが集まる地域

 【ダッカ金子淳】バングラデシュは、隣国ミャンマーで武力衝突が発生しロヒンギャ難民が急増した8月以降、国境を開放し、60万人超を受け入れた。だが、難民流入による治安悪化に対する国民の懸念は強い。政府が推進中の無人島に難民を一時期移住させる計画は、ミャンマーへの帰還作業が難航した場合に備え、難民を「隔離」することで国民の批判をかわす狙いがありそうだ。

 バングラは1978年と92年、ミャンマーと難民帰還の合意を交わし、これまでに約24万人を戻した。両…

この記事は有料記事です。

残り674文字(全文899文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシア ザギトワ選手に秋田犬贈呈 安倍首相も立ち会い
  2. 南北首脳 思惑一致、極秘の電撃会談
  3. 車ナンバー 図柄入りデザイン 全国41地域を決定 
  4. 韓国大統領 正恩氏と2度目の首脳会談 板門店で実施
  5. アメフット 日大再回答に怒りあらわ 関学大監督

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]