米ロシアゲート

フリン前補佐官を訴追 FBIに虚偽供述

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン高本耕太】ロシアによる米大統領選介入とトランプ陣営との癒着疑惑「ロシアゲート」を巡り、米メディアは1日、疑惑を捜査するモラー特別検察官が、フリン前大統領補佐官(国家安全保障問題担当)を米連邦捜査局(FBI)に虚偽の供述をしたとして訴追したと報じた。ロシアとの接触に関し事実と異なる供述をしたという。同日、連邦地裁に訴追内容の認否のため出廷した。

 ロシアゲートでの訴追は、トランプ大統領陣営の選対本部長を務めたマナフォート被告らに続き4人目。ホワイトハウス元高官が訴追されるのは初めて。

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文597文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集