兵庫のNPO

市議らを連日接待 園田氏に資金提供の法人

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
園田博之衆院議員の政治資金収支報告書不記載問題について記者会見するNPO法人「西宮障害者雇用支援センター協会」の寺下篤史理事長=東京・霞ヶ関の司法記者クラブで2017年12月1日午後5時41分、竹内紀臣撮影
園田博之衆院議員の政治資金収支報告書不記載問題について記者会見するNPO法人「西宮障害者雇用支援センター協会」の寺下篤史理事長=東京・霞ヶ関の司法記者クラブで2017年12月1日午後5時41分、竹内紀臣撮影

 自民党の園田博之元官房副長官(75)に資金提供した兵庫県西宮市のNPO法人「西宮障害者雇用支援センター協会」が、同市議会で副議長経験のある自民党の坂上(さかうえ)明市議(55)と元兵庫県議の男性をクラブで連日接待していたことが、関係者への取材で分かった。さらに協会の寺下篤史(あつし)理事長(35)は1日の記者会見で「2009年5月以降、毎月40万円を坂上氏に渡した」と主張した。

 寺下理事長と父の寺下勝広顧問(73)によると、07年ごろ~12年ごろ、坂上氏と元県議の男性を神戸市の繁華街・三宮のクラブで繰り返し接待した。顧問は「週に3、4回、多い時は5回。坂上氏の方が頻度が高かった。費用は全て私が負担した」と証言した。

この記事は有料記事です。

残り406文字(全文718文字)

あわせて読みたい

注目の特集