メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

退位

「心から良かった」前侍従長「国民が共感する中で」

川島裕さん=毎日新聞東京本社で、中村藍撮影

 天皇陛下の退位日について意見を聴く皇室会議が開かれ、平成の締めくくりに向かう流れは大きな節目を迎えた。2015年5月まで8年間、側近の侍従長を務めた川島裕(ゆたか)さん(75)が毎日新聞のインタビューに応じ「いよいよ具体的に退位に動き出し、心から良かったと思っている」と語った。出会った全ての人々との心を込めた交流の積み重ねが「象徴天皇とは何か」の答えにつながり、「その蓄積があるから、国民が共感する中で退位に向けて進んでいける」と話す。【竹中拓実、山田奈緒】

 川島さんは元外務事務次官。03年に宮中の儀式などを担当する式部官長として宮内庁入りした。07年から侍従長を務め、東日本大震災をはじめとする被災地や、パラオなどへの慰霊の旅に同行した。

この記事は有料記事です。

残り1059文字(全文1382文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホンダ熊本が8強入り決める JR東日本は打線が沈黙 都市対抗

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. 競馬ジャパンカップ アーモンドアイが有終の美 引退レースで最強証明

  4. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 新しい形態の学問弾圧「菅首相は歴史に名前が刻まれる」 木本忠昭・日本科学史学会会長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです