皇室

新元号本格調整へ 来年夏めどに公表 周知期間設定

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
皇室会議に臨む出席者=宮内庁特別会議室で2017年12月1日午前9時44分(代表撮影)
皇室会議に臨む出席者=宮内庁特別会議室で2017年12月1日午前9時44分(代表撮影)

 天皇陛下が2019年4月30日に退位され、翌5月1日から新元号とする日程が固まり、改元に向けた政府内の調整が本格化する。明治時代に「終身天皇制」となって以来、天皇の逝去を伴わない初の改元となるため、新元号の決め方と公表時期が焦点だ。政府は新元号を18年夏をめどに公表し、十分な周知期間を設けて国民生活に支障が出ないようにする「事前公表」を検討している。

 天皇逝去と新天皇即位に伴う即日改元の場合、元号を使った官庁や企業のコンピューターシステム改修、カレンダー・手帳の変更など、国民生活への影響が避けられなかった。しかし今回は退位の日が事前に決まっており、「これまでと違い、官民の準備期間に配慮ができる」(首相官邸関係者)のは大きい。菅義偉官房長官は1日の記者会見で新元号の公表時期は決めていないとしつつも、「国民への影響も考慮し、適切に対応する」と強調…

この記事は有料記事です。

残り646文字(全文1023文字)

あわせて読みたい

注目の特集