皇室会議

1時間超す論議 異論出ず 年内に議事概要公表

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
皇室会議の座席
皇室会議の座席

 1日に宮内庁で開かれた皇室会議は、想定の1時間をやや超える1時間14分にわたって議論された。出席者からは、天皇陛下の退位が国民の総意となる必要性や、国民と皇室に混乱が起きないよう注意喚起する声が上がり、議長の安倍晋三首相が退位を「2019年4月30日」とする意見案を示して集約。政府高官によると、出席者から特に異論は出なかった。政府は発言者や個々の発言を特定しない議事概要を、年内にも公表する方針だ。

 午前9時46分から同11時まで行われた皇室会議には会議の議員10人が出席。退位を実現する特例法の担当閣僚である菅義偉官房長官も陪席した。

この記事は有料記事です。

残り612文字(全文882文字)

あわせて読みたい

注目の特集