蒔絵年賀状

豪華な輝き 会津若松の漆器工房で制作ピーク /福島

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
色鮮やかな蒔絵年賀状。重ね塗りした図柄に金粉をまぶして仕上げられていた=会津若松市馬場町の関漆器店工房で
色鮮やかな蒔絵年賀状。重ね塗りした図柄に金粉をまぶして仕上げられていた=会津若松市馬場町の関漆器店工房で

 会津地方の伝統工芸である蒔絵(まきえ)の技術を生かした年賀状づくりが、会津若松市馬場町の関漆器店工房でピークを迎えている。来年のえとにちなんだ犬のイラストなどが描かれ、豪華な輝きを放っている。

 得意先に蒔絵の年賀状を送ったところ「売ってほしい」と要望されたのがきっかけで、約15年前から販売を始めた…

この記事は有料記事です。

残り145文字(全文295文字)

あわせて読みたい

ニュース特集