メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記録映画

「緑の牢獄」 過酷な旧西表炭鉱に迫る 黄胤毓監督、制作費の一部ネットで募る /東京

制作への支援を呼びかける黄胤毓監督=中野区で

 東京造形大大学院(八王子市)に留学後、那覇に拠点を置き映画を制作している台湾人の若手映画監督、黄胤毓(こういんいく)さん(29)が沖縄県・八重山諸島で新たな作品に挑んでいる。制作中のドキュメンタリー「緑の牢獄」は、西表島(いりおもてじま)で暮らす台湾出身の「おばあ」の生涯を通して旧西表炭鉱の歴史に迫る作品。鉱員たちが暮らした集落の様子をセットで再現するため、制作費の一部350万円をクラウドファンディングで募っている。【鈴木玲子】

 黄監督は同大学院で映画制作を学んでいた2013年、沖縄県の石垣島を訪れた。そこで台湾出身者に出会っ…

この記事は有料記事です。

残り877文字(全文1144文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 写真にしか見えない“鉛筆画” 作者が語る魅力「複製できない、消しゴムで消せる儚さ」
  2. 札幌の爆発、不動産店で「消臭スプレー100缶ガス抜き」 現場検証始まる
  3. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
  4. 札幌爆発 周辺住民、不安の夜 150メートル先ガラスも割れ
  5. 電気製品 つなげすぎると火災の危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです