メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記録映画

「緑の牢獄」 過酷な旧西表炭鉱に迫る 黄胤毓監督、制作費の一部ネットで募る /東京

制作への支援を呼びかける黄胤毓監督=中野区で

 東京造形大大学院(八王子市)に留学後、那覇に拠点を置き映画を制作している台湾人の若手映画監督、黄胤毓(こういんいく)さん(29)が沖縄県・八重山諸島で新たな作品に挑んでいる。制作中のドキュメンタリー「緑の牢獄」は、西表島(いりおもてじま)で暮らす台湾出身の「おばあ」の生涯を通して旧西表炭鉱の歴史に迫る作品。鉱員たちが暮らした集落の様子をセットで再現するため、制作費の一部350万円をクラウドファンディングで募っている。【鈴木玲子】

 黄監督は同大学院で映画制作を学んでいた2013年、沖縄県の石垣島を訪れた。そこで台湾出身者に出会っ…

この記事は有料記事です。

残り877文字(全文1144文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  2. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  3. プロ野球 中日・岩瀬、1000試合登板まであと2
  4. 県警不祥事 止まらない 警官、押収AV大量盗む 容疑で書類送検 別に盗撮疑いも /大分
  5. 台湾 駐大阪代表が自殺 台風被害の関空対応で批判相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです