メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県バスケットボール協会

バスケの未来、地域振興語る 70周年記念 大津 /滋賀

パネルディスカッションで、バスケットボールの活性化について語る滋賀レイクスターズの坂井信介代表(中央)ら=大津市のびわ湖大津プリンスホテルで、大原一城撮影

 県バスケットボール協会の創立70周年記念講演会が2日、大津市内のホテルで開かれた。プロのBリーグ・滋賀レイクスターズ(レイクス)の坂井信介代表がホームアリーナ構想を通じた地域振興を語るなど、関係者がバスケットの未来について講演や議論をした。

 坂井代表は、経済界の後押しも受けて浜大津で計画するアリーナ建設について「魅力ある会場が必…

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文415文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 希望と民進 新党名に「国民党」案 協議会で検討
  2. 辺野古海上警備 業者7億円過大請求 防衛省把握後も契約
  3. 選挙 都民フ候補、全員が落選 練馬区議補選
  4. 仙台市 羽生選手パレードごみ12袋 ファンマナーに感謝
  5. ことば 健康保険組合

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]