メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボランティア・スピリット賞

キャラで広がれ、AED 入賞、智弁和歌山高3年・堀江さん /和歌山

人形の「こころちゃん」とブロック賞のメダルを手にする堀江風花さん。人形は肩にAEDを肩から掛けている=和歌山市の智弁和歌山高で、山成孝治撮影

「こころちゃん」役割伝える

 ボランティアに取り組む中高生を表彰する第21回ボランティア・スピリット賞(プルデンシャル生命など主催、文部科学省など後援)の関西ブロック賞に智弁和歌山高3年の堀江風花(ふうか)さん(18)=大阪府田尻町=が選ばれた。心停止状態の人の蘇生を促すAED(自動体外式除細動器)を普及させようと、キャラクターを創作してさまざまな機会でその大切さを発信してきた。【山成孝治】

 同賞は、12~18歳の若者によるボランティア活動を顕彰することで、情報交換の場を設け、ボランティア…

この記事は有料記事です。

残り718文字(全文964文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  4. ORICON NEWS はあちゅう氏が第1子男児出産「力を合わせて育てていきたい」 しみけんがパパに

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです