メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阿波春秋

吉田絃二郎 大正・昭和初期の文筆家 「小鳥の来る日」ベストセラー /徳島

 吉田絃二郎(よしだげんじろう)(1886~1956年)小説家、劇作家、随筆家、佐賀県出身。幼少時に長崎県佐世保市に移った。本名源次郎。

 大正・昭和初期に活躍した。早大卒。1914(大正3)年、島村抱月の推薦で小説「磯ごよみ」で文壇にデビューすると、「早稲田文学」「ホトトギス」に次々と作品を発表。17年の、早大在学中に徴兵で赴任した長崎・対馬…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 副町長が車庫入れで頭ぶつけ死亡 福井・若狭
  2. 敷きっぱなしの布団に雑魚寝 同じ皿を回し食事 結核発症の実習生
  3. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  4. 蒼井優さんが追突事故
  5. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです