メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
阿波春秋

吉田絃二郎 大正・昭和初期の文筆家 「小鳥の来る日」ベストセラー /徳島

 吉田絃二郎(よしだげんじろう)(1886~1956年)小説家、劇作家、随筆家、佐賀県出身。幼少時に長崎県佐世保市に移った。本名源次郎。

 大正・昭和初期に活躍した。早大卒。1914(大正3)年、島村抱月の推薦で小説「磯ごよみ」で文壇にデビューすると、「早稲田文学」「ホトトギス」に次々と作品を発表。17年の、早大在学中に徴兵で赴任した長崎・対馬…

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文430文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 渡辺邦夫・幸手市長が辞職へ 広島で暴行事件

  2. ラーメン注文で生ビール5杯サービス 一風堂がキャンペーン

  3. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  4. 「エアドロップ痴漢」容疑、37歳男を書類送検 福岡

  5. 鳥獣被害に立ち向かう漫画「罠ガール」が話題 イノシシ相手に女子高生が奮闘

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです