メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校ラグビー

大分舞鶴、闘志燃やす 28日、三重代表・朝明と対戦 /大分

初戦に向けて気合を入れる大分舞鶴の選手

 大阪市で2日あった第97回全国高校ラグビーフットボール大会(毎日新聞社など主催)の組み合わせ抽選会。32年連続56回目の出場を果たした県代表の大分舞鶴は、東大阪市花園ラグビー場第1グラウンドの第1試合(28日午前11時15分)で、三重県代表の朝明(あさけ)と対戦することが決まった。【尾形有菜】

 朝明は三重県予選決勝で、四日市工を41-12で降し、6年連続8回目の出場を決めた。舞鶴とは花園で初の対決となる。

 この日は、富田晴大主将(3年)が抽選会場に向かい、堀尾大輔監督と部員41人は大分市の舞鶴高校第2グラウンドに残って結果を待った。午後2時ごろ、堀尾監督の携帯電話に連絡があり、選手は初戦突破に向け、気を引き締めていた。

この記事は有料記事です。

残り274文字(全文588文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 革命叫べば逮捕、ならば無言で抵抗 香港人が訴える「目に見えない大切なこと」

  2. 木村花さんが死の前に母に告白したフジテレビの「あおり」とは 被害者からの反論

  3. 鹿児島で新たに34人感染確認 クラスター発生の飲食店の客ら

  4. 国内初のワクチン治験 吉村大阪府知事「前のめりの政治主導」の危うさ

  5. ORICON NEWS 『天才!志村どうぶつ園』16年の歴史に幕 10月から相葉雅紀MCの新番組

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです