メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米大統領選

ロシア疑惑 露と共謀、捜査本格化 フリン氏訴追、米政権中枢に迫る

 【ワシントン高本耕太】昨年の米大統領選でトランプ米大統領を早くから支持していたフリン前大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が、ロシア疑惑捜査に全面協力する司法取引に応じた。フリン氏の証言により今後、疑惑の「本丸」であるロシア側とトランプ陣営との共謀がどこまで明らかになるかが、注目される。

 フリン氏は2015年、モスクワで開かれたパーティーでプーチン露大統領と同じテーブルに座った様子が話題となるなど、ティラーソン米国務長官と並び対露政策の中心だった。トランプ政権発足前後の内情に通じたフリン氏の証言で、大統領選介入を巡るロシアとの共謀が組織的なものと裏付けられれ…

この記事は有料記事です。

残り426文字(全文709文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  2. 持続化給付金の差し押さえ認めず 「事業継続支えるのが目的」 神戸地裁伊丹支部

  3. 企業の従業員向けバスを「市民の足」に 実証実験スタート 静岡・湖西

  4. 追い込まれたトランプ大統領 選挙不正訴え大演説 自身のFBに掲載

  5. ドコモ新料金プラン、20ギガバイトで月2980円 5分以内の国内通話も無料

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです