メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

深刻な所有者不明土地=元総務相・増田寛也

増田寛也氏=宮本明登撮影

準公有化を提案したい

 はなから私事になり恐縮だが、筆者は1977年に建設省(現・国土交通省)に入った。田中角栄元首相の「日本列島改造論」を引き金とする地価高騰の余韻が残る頃で、国土庁で国土利用計画法を担当した際に「規制区域」制度の発動を検討するよう命じられた。この制度は土地投機を抑制するため全ての土地取引を知事の許可の下におく究極の策で、今に至るまで一度も発動されたことはない。これが筆者の土地問題との初めての出合いであった。

 86年から茨城県庁に出向した際は、全国的なゴルフ場などのリゾート開発ブームで、企業が山林、原野を買…

この記事は有料記事です。

残り1507文字(全文1771文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深海ザメ「ラブカ」捕獲後に死す 生態不明、標本にして研究へ 和歌山・串本 

  2. 岐阜・中3いじめ転落死 同級生3人を強要容疑で書類送検 岐阜県警

  3. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  4. レオパレス、全取締役解任要求に反対 大株主は事業売却迫る

  5. 伊方原発、運転差し止め 広島高裁仮処分 地裁支部決定を取り消し

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです