メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

深刻な所有者不明土地=元総務相・増田寛也

増田寛也氏=宮本明登撮影

準公有化を提案したい

 はなから私事になり恐縮だが、筆者は1977年に建設省(現・国土交通省)に入った。田中角栄元首相の「日本列島改造論」を引き金とする地価高騰の余韻が残る頃で、国土庁で国土利用計画法を担当した際に「規制区域」制度の発動を検討するよう命じられた。この制度は土地投機を抑制するため全ての土地取引を知事の許可の下におく究極の策で、今に至るまで一度も発動されたことはない。これが筆者の土地問題との初めての出合いであった。

 86年から茨城県庁に出向した際は、全国的なゴルフ場などのリゾート開発ブームで、企業が山林、原野を買…

この記事は有料記事です。

残り1507文字(全文1771文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 森友学園 籠池夫妻、25日にも保釈 記者会見を予定
  2. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
  3. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  4. 質問なるほドリ 「高プロ」って何?=回答・早川健人
  5. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]