メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

深刻な所有者不明土地=元総務相・増田寛也

増田寛也氏=宮本明登撮影

準公有化を提案したい

 はなから私事になり恐縮だが、筆者は1977年に建設省(現・国土交通省)に入った。田中角栄元首相の「日本列島改造論」を引き金とする地価高騰の余韻が残る頃で、国土庁で国土利用計画法を担当した際に「規制区域」制度の発動を検討するよう命じられた。この制度は土地投機を抑制するため全ての土地取引を知事の許可の下におく究極の策で、今に至るまで一度も発動されたことはない。これが筆者の土地問題との初めての出合いであった。

 86年から茨城県庁に出向した際は、全国的なゴルフ場などのリゾート開発ブームで、企業が山林、原野を買いあさる姿を見た。建設省に戻り、都市計画法を担当した90年当時はバブルの最盛期である。銀行が不正融資に走るなど、土地をめぐる人々の欲望がむき出しになった時代だった。

この記事は有料記事です。

残り1425文字(全文1771文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「夢のようなディズニー特別ツアー」詐欺相次ぐ 被害者が信じ込んだ、その手口

  2. 「このままでは皇室消滅」「女性皇族の議論なさ過ぎ」 専門家4氏が口にした危機感

  3. 身内にも「自助」要求? 菅氏方針にざわつく党内 連続比例復活で「重複」禁止

  4. 学術会議「国の機関から切り離し」 井上担当相の提案が波紋

  5. イラン核科学者暗殺 開発計画で中心的役割 実行犯不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです