メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロンビアは今

和平合意から1年/3 地雷除去、地道な歩み

 ヘルメットと防具を着けしゃがみ込んだ作業員がくわを使い、慎重に土をかく。コロンビア南部メセタスの密林にある地雷原で、英国の非政府組織(NGO)「ヘイロー・トラスト」のメンバー約20人が地雷除去に取り組んでいた。

 一帯はかつて、左翼ゲリラ「コロンビア革命軍」(FARC)の支配地域だった。金属探知機で反応があった場所の周辺を深さ約30センチまで掘り、地雷の有無を確認する。木が生い茂っているため、大型の地雷除去機が使えず、手作業しかない。

 「FARCメンバーが生活していたので、空き缶なども埋まっている。でも、探知機が反応するたびに地雷ではないかと疑って掘るしかなく、肉体的にも精神的にもしんどい」。NGOの現地メンバーのジョーン・ルイスさん(32)が語る。

この記事は有料記事です。

残り993文字(全文1322文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  2. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  5. 四国トピックス 「眼鏡曇らないマスク」 徳島の2店がコラボし開発 通気性抜群「接客業にぜひ」 /徳島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです