メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コロンビアは今

和平合意から1年/3 地雷除去、地道な歩み

 ヘルメットと防具を着けしゃがみ込んだ作業員がくわを使い、慎重に土をかく。コロンビア南部メセタスの密林にある地雷原で、英国の非政府組織(NGO)「ヘイロー・トラスト」のメンバー約20人が地雷除去に取り組んでいた。

 一帯はかつて、左翼ゲリラ「コロンビア革命軍」(FARC)の支配地域だった。金属探知機で反応があった場所の周辺を深さ約30センチまで掘り、地雷の有無を確認する。木が生い茂っているため、大型の地雷除去機が使えず、手作業しかない。

 「FARCメンバーが生活していたので、空き缶なども埋まっている。でも、探知機が反応するたびに地雷ではないかと疑って掘るしかなく、肉体的にも精神的にもしんどい」。NGOの現地メンバーのジョーン・ルイスさん(32)が語る。

この記事は有料記事です。

残り993文字(全文1322文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 日本人の入国を拒否 インドネシア政府 中国渡航歴理由か 新型肺炎で

  3. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  4. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  5. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです