メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

田村博子さん(中央)は「乳がん体験者コーディネーター」として患者会「虹の会」をはじめ、後に続く患者のために活動する=田村さん提供

 医療の進歩により、最も進行度が高い「ステージ4」のがんでも、より多くの患者が「がんと共存」できる時代になってきた。完治に至る道はまだ遠くても、治療を経て長く生きる人の存在は「希望」につながる。

 ●5度の脳転移経験

 乳がんの手術後、間もなく肺に転移。さらに5度の脳転移を繰り返しながら、治療で完全寛解し、すでに5年が経過した人がいる。兵庫県芦屋市在住の主婦、田村博子さん(62)だ。

 田村さんに乳がんが分かったのは2007年。近親者に乳がん経験者が多く、10カ月前に検診を受けたばか…

この記事は有料記事です。

残り2263文字(全文2504文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  2. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  3. 賞品の高級車渡さずMXテレビ謝罪 企画会社と「連絡取れない状況」

  4. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

  5. 兵庫・西宮の山中に遺体 大阪の会社社長か 22日から行方不明 事務所に血痕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです