メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

『ロシア革命とソ連の世紀 全5巻』=松戸清裕、浅岡善治、池田嘉郎、他・編

 (岩波書店・各3996円)

 日本のマスコミは大きな事件から○周年という節目を報じることが好きだ。最近でも「拓銀・山一証券破綻から20年」という見出しを目にしたばかり。20世紀の世界を揺るがした「ロシア革命」も、11月7日で100年を迎えた。幾つかの新聞や雑誌で特集が組まれたが、歴史的な意義を考えると報道ぶりは小さかった。こうなった背景には本国で革命の評価が定まらないこともある。「古き良き帝政…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文495文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 庄司智春、新型コロナ感染 妻・藤本美貴と3人の子どもは「まだ症状なども出ておらず元気」

  2. 吉永小百合さん「泳いで恒彦さんのところに…」 渡哲也さん死去

  3. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  4. 俳優の渡哲也さん死去 78歳 ドラマ「西部警察」 「くちなしの花」ヒット 石原プロ前社長

  5. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです