メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

本村凌二・評 『時代を「写した」男ナダール 1820-1910』=石井洋二郎・著

 (藤原書店・8640円)

一生涯大志を抱いたボヘミアン

 「青年よ、大志をいだけ」と鼓舞されても、若いころは、気ままで自由なボヘミアン暮らしをしてみたいものではないだろうか。ところが、大志をいだきながらボヘミアンな生き方をすることだってできる。それも生涯にわたってだから、およそ桁外れな人間がいる。

 百科事典をひもとけば、ナダールという男は「19世紀フランスの写真家」で通る。じっさい、『悪の華』の詩人ボードレールや『レ・ミゼラブル』の作家ユゴーをはじめ、当代の芸術家・文化人の多くが彼のカメラの前に立っている。渡仏した二十七歳の福澤諭吉すら被写体になっている。今のように瞬時に写るわけではないから、数分間もじっとしているのは写される側にも難儀な時代だった。

 しかも、この男はどこまでも貪欲だから、空にも地下にも視野を広げる。偶然にも気球に乗る機会がくると、…

この記事は有料記事です。

残り1106文字(全文1484文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 卓球 福原愛が現役引退を表明 自身のブログで
  2. 訃報 ノーベル化学賞受賞、下村脩さん90歳 長崎市内で
  3. 週刊サラダぼうる・TOKIO城島 出会いに感謝 オチなきゃ意味なし
  4. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
  5. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです