メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

中島岳志・評 『のこった もう、相撲ファンを引退しない』=星野智幸・著

 (ころから・1728円)

「日本人ファースト」の危うさ

 今年、ずっと私の心に棘(とげ)となって刺さり続けている出来事がある。3月の大阪場所での稀勢の里の優勝である。

 横綱になってはじめての場所を迎える稀勢の里には、期待とプレッシャーがかかっていた。順調に白星を重ねたが、13日目に大けがをして、敗北。以後の出場が危ぶまれた。

 しかし、稀勢の里は強行出場する。14日目は、あっけなく敗退。まともに相撲がとれる状態ではなかったが…

この記事は有料記事です。

残り1783文字(全文1995文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 在日3世 苦難の歴史、一人芝居の公演120回
  2. あおり運転 容疑で元勤務医逮捕 幅寄せでバイク男性重傷
  3. 万引き犯 メルカリ内で捜索 書店、執念の「御用」
  4. 交通事故 2人はねられ死亡 兵庫・姫路の交差点
  5. 朝鮮学校無償化 名古屋駅前で訴える 損賠請求裁判の判決を前に /愛知

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]