メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

中島岳志・評 『のこった もう、相撲ファンを引退しない』=星野智幸・著

 (ころから・1728円)

「日本人ファースト」の危うさ

 今年、ずっと私の心に棘(とげ)となって刺さり続けている出来事がある。3月の大阪場所での稀勢の里の優勝である。

 横綱になってはじめての場所を迎える稀勢の里には、期待とプレッシャーがかかっていた。順調に白星を重ねたが、13日目に大けがをして、敗北。以後の出場が危ぶまれた。

 しかし、稀勢の里は強行出場する。14日目は、あっけなく敗退。まともに相撲がとれる状態ではなかったが…

この記事は有料記事です。

残り1783文字(全文1995文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カジノ法案 19日にも採決 借金限度額など決めないまま
  2. 東京・目黒の5歳虐待死 SOS届かず 「パパいらん」「パパがたたいた」訴えたが きょう起訴判断
  3. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
  4. 消えない傷 性的虐待に遭って 第3章/1 風呂は恐怖の時間
  5. 第100回全国高校野球 地方大会 西東京 14日

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]