特集

今週の本棚

「面白い!読ませる!」と好評の読書欄。魅力ある評者が次々と登場し、独自に選んだ本をたっぷりの分量で紹介。

特集一覧

今週の本棚

中島岳志・評 『のこった もう、相撲ファンを引退しない』=星野智幸・著

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 (ころから・1728円)

「日本人ファースト」の危うさ

 今年、ずっと私の心に棘(とげ)となって刺さり続けている出来事がある。3月の大阪場所での稀勢の里の優勝である。

 横綱になってはじめての場所を迎える稀勢の里には、期待とプレッシャーがかかっていた。順調に白星を重ねたが、13日目に大けがをして、敗北。以後の出場が危ぶまれた。

 しかし、稀勢の里は強行出場する。14日目は、あっけなく敗退。まともに相撲がとれる状態ではなかったが、それでも千秋楽の土俵に立った。相手は大関・照ノ富士。誰もが稀勢の里の負けを確信する中、本割(ほんわり)と優勝決定戦に連勝し、優勝をもぎ取った。館内は熱狂と歓声に包まれた。大けがをした新横綱の逆転優勝に、賞賛の声が押し寄せた。

この記事は有料記事です。

残り1670文字(全文1995文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集