特集

今週の本棚

「面白い!読ませる!」と好評の読書欄。魅力ある評者が次々と登場し、独自に選んだ本をたっぷりの分量で紹介。

特集一覧

今週の本棚・新刊

『消費者庁・消費者委員会創設に込めた想い』=原早苗、木村茂樹・編著

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 (商事法務・2700円)

 消費者庁構想を提唱した福田康夫内閣が2007年に発足して10年。具体化と実現に関わったジャーナリスト、官僚、学者、経営者、弁護士らが、創設の原点を振り返った。

 消費者庁設置の機運は、中国産冷凍餃子(ギョーザ)による食品被害などが、省庁の縦割り行政によって拡大、長期化したとの反省をきっかけに高まった。「消費者庁 毒入り餃子が尻たたき」。執筆者の一人はこんな川柳を披…

この記事は有料記事です。

残り295文字(全文491文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集