メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『消費者庁・消費者委員会創設に込めた想い』=原早苗、木村茂樹・編著

 (商事法務・2700円)

 消費者庁構想を提唱した福田康夫内閣が2007年に発足して10年。具体化と実現に関わったジャーナリスト、官僚、学者、経営者、弁護士らが、創設の原点を振り返った。

 消費者庁設置の機運は、中国産冷凍餃子(ギョーザ)による食品被害などが、省庁の縦割り行政によって拡大、長期化したとの反省をきっかけに高まった。「消費者庁 毒入り餃子が尻たたき」。執筆者の一人はこんな川柳を披…

この記事は有料記事です。

残り295文字(全文491文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  3. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

  5. 全国最大規模のアリーナ、大阪府が整備へ 万博前の開業目指す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです