メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バドミントン

全日本総合選手権 福島・広田組、決勝へ 女子複

女子ダブルスで決勝進出を決め喜ぶ福島(右)、広田組=渡部直樹撮影

 バドミントンの全日本総合選手権は2日、東京・駒沢体育館で各種目の準決勝が行われ、女子ダブルスでは8月の世界選手権銀メダルの福島由紀、広田彩花組(再春館製薬所)が、米元小春、田中志穂組(北都銀行)にストレート勝ち。2016年リオデジャネイロ五輪金メダルの高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)は永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)に逆転勝ちした。

 女子シングルスでは山口茜(再春館製薬所)が佐藤冴香(ヨネックス)に勝ち、決勝で大堀彩(トナミ運輸)…

この記事は有料記事です。

残り572文字(全文794文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヤドン、うどん県のマンホール蓋に 20日から香川の16市町に順次設置

  2. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  3. 拘置支所収容の50代男性が死亡 水戸刑務所 /茨城

  4. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  5. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです