メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー

18年W杯 各組の展望

 ◆A組

ウルグアイの1強

 ウルグアイに、ロシアなど3チームが挑む。ウルグアイは南米予選が総当たり方式となった1998年以降、初めて大陸間プレーオフに回らずに出場権を獲得。スアレス、カバニの強力な2トップが攻撃を引っ張る。ロシアは最終ラインに経験の少ない選手が多く、守備に難あり。開催国として1次リーグ突破を果たすにはココリン、スモロフの2トップの活躍が不可欠だ。7大会ぶり出場のエジプト、サウジアラビアは総合力で見劣りする。

この記事は有料記事です。

残り1305文字(全文1517文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヤドン、うどん県のマンホール蓋に 20日から香川の16市町に順次設置

  2. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  3. 拘置支所収容の50代男性が死亡 水戸刑務所 /茨城

  4. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  5. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです