愛媛県立4病院

医師「過労死ライン超」常態化 最長は年1777時間

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 愛媛県の県立4病院で2016年度、勤務医計269人のうち、約8割の210人が、労使で取り決めた上限(年360時間)を超える時間外労働をし、1割超の36人は「過労死ライン(月80時間)超」が常態化しているといえる年1000時間を超えていたことが県への取材で分かった。

 勤務医の長時間労働を巡っては、香川県立病院の医師が16年度に、年2258時間の残業をしていたことが明らかになっており、改めて過酷な医療現場の実態が浮き彫りとなった。

 毎日新聞の情報公開請求に対し、愛媛県が、中央(松山市)▽今治(今治市)▽南宇和(愛南町)▽新居浜(新居浜市)--の県立4病院で働く勤務医の時間外労働の状況が分かる文書を開示した。

この記事は有料記事です。

残り436文字(全文742文字)

あわせて読みたい

注目の特集